To Learn Arabic : アラビア語の重要性 .
私たちについて

私たちについて

アラビア語の重要性
言葉の勉強
アラビア語の教え方
私たちの学生
アラビア語の個人クラス
スケジュル

その他のサービス

料金
連絡
To Learn Arabic
To Learn Arabic is for
non-native speakers

counter visitors

since 1/3/2005


アラビア語の重要性

アラビア語の重要性は低く評価されるべきではありません。2.5億以上のアラブ人の母語であり、主にモロッコからイラクにいたる地域で広く話されています。世界人口の約7分の1にあたる世界中のイスラム教徒たちが古典アラビア語(Fus'ha)を聖なる言語だと考えています。世界中の人びとが古典アラビア語をコーランの聖なる言語として崇めています。コーランは、アラビア語をイスラム教徒の視点からするともっとも純粋な形で保存してきました。アラビア語は何世紀もの間、ほとんど変化してきませんでした。そのため、コーランは一貫してアラビア語に対し本質的な影響力を持ってきました。

その結果、高い教育を受けたアラブ人は、千年前に書かれたアラビア語を相当程度読むことができます。

78世紀にイスラム教の広がりによってアラビア語が段々重要になりましたが、それは宗教的な重要性のためだけでなくイスラム教の政治的政府であるカリフの行政でもアラビア語が使われていたからです。

アラビア語と現代の世界

日本語と同じように、アラビア語は近代からたくさんの外来語を取り入れてきました。特に技術の発展、そしてヨーロッパの文学が翻訳されたことによって外来語が増えてきました。外来語を取り入れたことは、当然ながら外来語がアラビア語に入ることに反対する純粋アラビア語派と、様々な古い習慣をやめたい考える近代派との戦いを引き起こしました。例えば西洋のスタイルに影響された記事の書き方が発達した一方、逆に純粋派が純アラビア語の新しい単語を作ってきました。そのため、たとえば「電話」という言葉は、西洋風の「talfuun」もあり、純アラビア語の「haatif」もつくられました。

 

Other changes include the loss of many old fashioned terms, above all those relating to Beduin life. This was a result of the rapid decline in Beduin numbers and the onset of a more urban sedentary society.

世界中で最も広く話されている言葉

Language Today 雑誌 (1997122)には、George Weber氏の論文、「世界の最も重要な言葉トップ・テン」が含めています。それによると、次の言葉は、話す人口がもっとも多い10の言葉のです。

 

 

1. 中国語 (12)

2. 英語 (3.3)

3. スペイン語 (3)

4. ヒンディー語/ウルドゥー語 (2.5)

5. アラビア語 (2)

6. ベンガル語 (1.85)

7. ポルトガル語.  (1.6)

8.ロシア語 (1.6)

9.日本語 (1.25)

10.ドイツ語 (1)

 

同様に、Ethnologue (13)によると、以下の順位が挙げられています。

 

1. 中国語 (10.75)
 2.
英語 (5.14)
 3.
ヒンドゥスタン語 (4.96)
 4.
スペイン語 (4.25)
 5.
ロシア語 (2.75)
 6.
アラビア語 (2.56)
 7.
ベンガル語 (2.15)
 8.
ポルトガル語 (1.94)

 9. マラヤ語・インドネシア語 (1.76)
10.
フランス語 (1.29)

 

話されている国が多い国々の順位は以下の通りです。 (Weber, 1997から)

 

1. 英語(115)

2.フランス語(35)

3.アラビア語(24)

4.スペイン語(20)

5.ロシア語(16)

6.ドイツ語(9)

7.中国語(5)

8.ポルトガル語(5)

9.ヒンディー語/ウルドゥー語(2)

10.ベンガル語(1)

11.日本語(1)


To Learn Arabic
Private language school